工法概要
工法の特長
1. 360°全方向への掘進可能
2. 先導体の引戻し再挿入が可能
3.到達立坑不要及び最小スペースの発進立坑
4.掘進機による障害物の撤去が可能
5.適用土質が広い
6.地表部からの推進が可能
7.長距離推進が可能
8.工期が短く経済的
9.推進精度が良い
10.排土や捨土が容易

CASE−1 既設シールド本管への接続
CASE−1画像
CASE−2 既設人孔への接続
CASE−2画像
CASE−3 地中ドッキング
CASE−3画像
CASE−4 先導体回収不能な現場
CASE−4画像
CASE−5 工事車両の進入が困難な現場
CASE−5画像
CASE−6 河川地下推進工事
CASE−6画像
CASE−7 掘進機の迎え掘り
CASE−7画像

【トップページに戻る】